社交不安障害(SAD)という病気を知っていますか?

社交不安障害(SAD)とはどんな病気?

「社交不安障害」(SAD:Social Anxiety Disorder)とは、社会的な場面で不安や恐怖を過大に感じてしまう病気のことです。
例えば、こんな場面があなたにはありませんか?
「人と接する場面で、注目されたり、恥をかいたりするのではないかととても不安になる」
「人前で発表する時にひどく緊張して動悸がしたり、顔が赤くなったり、大量に汗をかいてしまう」
「会議や会話をしている時に遠慮してしまって自分の意見が言えず、自己主張が出来ない」

大勢の人が見ている前で何かをする、初対面の人に会うというのは誰でも緊張したり不安を感じたりするものですが、その緊張や不安が強すぎるために、人と接する場面を避けるようになったり、仕事の範囲が狭まったりと社会生活や仕事に支障を生じているなら、それは「社交不安障害」かもしれません。

会社員Aさんの場合

Aさんは会社で新しい商品のプレゼンをすることになりました。準備は十分にしてきたもののいざ、上司や役員の前に立つと緊張が高まります。声がうわずり、手が震え、汗が大量に噴き出してきました。最後には頭が真っ白になり何を話して良いかさえ分からなくなりました。何とかプレゼンを終えたAさんは「どうして自分にはうまくできないのだろう」と落ち込み、次のプレゼンを思うと不安になるのでした。

Aさんのように失敗の経験が鮮明に記憶されてしまうと、似たような場面で以前の失敗を意識して不安を感じ過度に緊張してしまい、また同じ失敗を繰り返してしまったりします。また、失敗しそうな状況を避けるあまり、行動範囲や人間関係を狭くしてしまうという悪循環に陥ることもあります。

強い緊張は性格や気の持ちようではないかもしれません

人前での緊張や不安は長い間「あがり症」など、性格や性質の問題として受け止められている人が殆どで、まわりの人に相談しても「考えすぎだよ」「そのうち平気になるはず」「気の持ちよう」などと言われることも多いでしょう。
また、社交不安障害は思春期頃に発症する割合が多く、長年にわたり深刻な悩みを抱えながらも、「内気な性格」「気持ちの問題」と思っている人が多いようです。

しかし近年、過度な緊張や不安を感じる原因が脳の働きに関連があることが明らかにされてきており、私たちの脳の働きにとって重要な神経伝達物質と言われるセロトニンやノルアドレナリン、ドパミンなどのバランスの崩れや、不安や恐怖に関わっている脳内の扁桃体とよばれる部分の活動の異常が社交不安障害の発症に関与している可能性が指摘されています。

社交不安障害は珍しい病気ではありません

様々な調査によって社交不安障害は決して珍しい病気ではないことが次第に分かってきています。
社交不安障害が病気として認識されるようになったのは1980年代の米国からですが、米国での調査では13.3%の人が一生に一度は社交不安障害にかかるという結果が報告されています。

また、社交不安障害の特徴には、思春期頃の発病が多いことが挙げられます。
思春期〜20代は、受験や就職活動、恋愛や結婚など、人生にとって大切なことが多い時期です。このような時期に社交不安障害の方は、社交不安障害のために、試験を受けることが苦手で受験がうまくいかなかったり、人との接触を避けたいために選択する仕事の幅がせばまったり、面接の時に本来の自分を表現できなかったりと多くのチャンスを逃してしまう可能性があります。
また、社会に出ると苦手であっても避けられないプレゼンや、顧客の対応などの場面が多くなる中で、不安や緊張に耐えきれずに仕事への意欲を失い、うつ病になってしまう人も多いようです。
そうした人生に与える社交不安障害の影響を出来るだけ早く取り除き、よりよい人生を歩むためにも、社交不安障害治療が非常に重要であると言われています。
もしあなたの人生にとって、過度な不安や緊張がマイナスの影響を与えているのであれば、性格だと諦めないで医療機関へ相談することが解決につながるかもしれません。

社交不安障害(SAD)チェック

病医院検索